everyirene

全ての働く女性がGlass Cliff(ガラスの崖)の存在を知っておくべき理由

「ガラスの崖」と一言聞くと、滑り落ちそうで絶対行きたくない場所に聞こえる。私も初めてこの言葉を耳にした時「天井なんかよりも崖の方が断然怖いな」と思った。「ガラスの天井」を耳にすることは多い。女性のキャリアアップを拒む社会現象のことを示す、ジェンダーの話をするときによく引用されている。一方で、「ガラスの崖」の認知度はそこまで高くないだろう。個人的には、この比較的新しいコンセプトである「崖」は「天井」より今の時代を生き抜くキャリア志向の女性が認識しておくべきコンセプトだと考えている。なので、今回はこの「崖」について。 2018年現在において、Fortune500カンパニー(全米売上上位500社)の女性CEOは27名のみで、全体の5%にも満たない。これが「ガラスの天井」が存在することを裏付ける。一方で「ガラスの崖」は「ガラスの天井」の様に割合で示すことが困難、且つ複雑である。 「ガラスの崖」はイギリスの社会・組織心理学の教授ミシェル・ライアン氏らによって2004年に発表された。イギリスの上場企業を分析した結果、「女性がCEO・幹部ポジションやリーダーシップポジションに抜擢される場合、会社が危機や困難に直面している時の確率が男性より高い。結果、女性が抜擢された役割で失敗する確率が高くなる」という現象が見受けられたのである。女性がCEOを務める上場会社は「物言う投資家」の対象になり、解雇される確率が男性より高いという研究結果も出ている。しかしこの「崖」の因果関係についてはまだ全てが解明されていない。業績不振に陥った会社が事業再生のため今までとはまったく違うリーダーを必要とし、結果的に女性をCEOとして採用した可能性もある。あるいは、女性側の勉強不足が理由かもしれない。例えば抜擢された役割や会社について十分な下調べをせず与えられた役割に飛びついてしまうとか。原因はともかく、この「崖」の現象が存在すること自体、女性プロフェッショナルとして知っておくべきことだろう。重要なのはこの現象はCEOや幹部レベルの女性だけに言えることではないということ。CEOや幹部レベルでなくとも、新しい仕事を任せられることは日々あるだろう。異動を言い渡されたり新しい役割に抜擢される機会は社会人をやっている限り全く無い話ではない。今後、そのような事が貴方の身に起きた時に、この「ガラスの崖」について思い出して欲しい。そして、その時に自問自答して欲しい: なぜ、自分が選ばれたのか。自分のどの能力やスキルが評価されたのか。 誰が自分のスポンサー(社内で推薦してくれた上司)だったのか。引き受けた場合、周りにサポートしてくれる人はチームはいるか。 他に誰が候補として挙がっていたのか。自分は他の人が引き受けたくない役割を押し付けられてないか。 この役割・タスクを無事終えた先には何があるのか。それは自分が描いている将来のビジョンにマッチするか。 勿論、与えられた機会にはオープン・マインドで挑んで欲しい。自分の能力を信じて欲しい。困難な状況を引き受けるチャレンジ精神は絶対に失って欲しくない。 「ガラスの崖」を経験している女性は少なくはない。周りにも沢山いるだろう。 難しいクライアントチームのリーダーに抜擢された時、多忙期に社内イベントの幹事に選ばれた時、リスクが高い新規事業立ち上げの話が挙がった時。 重要なのは「ガラスの崖」がその先にあるかどうかではない。「ガラスの崖」が「ガラスの罠」であったとしても、失敗するかしないかなんてやってみないとわからないし、崖を恐れて新たなチャレンジに取り組まない方がリスクだと個人的には考える。 結局重要なのは、それを飛び越える自信と能力は自分にあるか、一緒に崖を飛び越えてくれるチームがいるか、万が一、崖にまっさかさまに落ちたとしてもよじ登る自分が見えるか。 私だからできる。私がやってみせる。その気持ちで挑んで欲しい。 P.S. 実際、「ガラスの崖」(Glass Cliff)を経験したエレン・パオ(Reddi社のt元CEO)やキャロル・バーツ(Yahoo元CEO)のインタビューがFREAKONOMICSラジオで聴けるので、時間があれば是非聴いて欲しい。

Let’s Be More Than a Number

Recently, I had a chance to arrange representatives from a nonprofit organization based in Japan that encourages “diversity and liberal education,” to speak in front of high school students in New York.  There were 3 of them from the organization. 2 men, 1 woman.  33% representation of female! Woohoo!  Reality though, was far less than that.  At the meeting, the 2 men kept talking, while the 1 woman stayed silent. Female “representation”? Less than 1%.  It’s not the numbers. It’s what’s happening behind the numbers. Hear that, Shinzo Abe?  As the world preaches diversity and countries fight to increase women’s labor force participation, we continue to fail to take the more […]

The Burden of a Harvard Education

[I wrote this back in 2018, upon returning from the 10 Year Reunion at Harvard. It’s meant to be a reflection of my thoughts in 2018] In the last weekend of May 2018, I was back on Harvard campus – a place I graduated exactly 10 years ago, to celebrate the 10th Year Reunion. It’s an annual tradition at Harvard to welcome back its students who graduated 10 years ago. Upon returning to campus, it immediately took me back to 2008.In 2008, I had a job lined up in Tokyo at a global investment bank.I was surrounded by proud family and friends – all happy and relieved that I had […]

「心配性 (“Worrier”) から戦士 (“Warrior”)」になる道は意外と近い!

From Worrier to Warrior? そう、「心配性(“Worrier”) から戦士(“Warrior”)になる道は意外と遠くない! 普通に生きているだけで心配ごとは多い。特に、「優等生」気質の自分は常に心配事だらけ。Every Ireneで色々自分の意見を主張するけど一人で部屋の片隅でなにげに心配することも多い。「この新規事業は結局人が求めているものなのか」「最近〇〇から返事がないけど、何か悪いこと言ったかな」「このままの収入で大丈夫か・・・」 でも最近、こういう心配事を少なくしようとプロアクティブに動けるようになった。昔は夜、考え事をし始めたら寝れない日もかなりあったけど、今はそういう考え方もシャットアウトできるようになった。その方法を今回は紹介します! 心配事が頭の中に「ぼんやり」浮かんできてしまうのは本当に普通のこと。 人間である限り、自分のマインドで生まれてくる考えを否定することなんて相当難しい。特にインスタやFBでアップされる情報に左右されたりすることが多くなったのではないだろうか。 今回の方法は、まずその心配ごとに直面しマインドセットを変えることでかなり心が楽になる方法を紹介します。 It’s always worth a try! ステップ1: 心配ごと(Worry)をカテゴリー別に分ける。自分のコントロール外のものとコントロール内のものを明確にする。 ステップ2: コントロール外のものは無視して、忘れる!自分がどう頑張ったって、悩んだっても解決できないことに対して悩む時間がもったいない。コントロールできることに集中。 ステップ3: コントロールできるものに対してアクションプランをつくる。アクションプランも複雑にせず、今すぐできることにフォーカス。 ステップ4: アクションプランに対して結果を求めず、プランを実施した以上はコントロール外だと決める。そういう勇気は必要。 ステップ5: 自分のストーリーをシェアしよう。似たような事で悩んでいる大切な人に対して「一人ではない」ということを共有。 先ほど私の悩み事を例として挙げてみたが、上記ステップ別に考えてみよう。 「この新規事業は結局人が求めているものなのか」→そんなのやってみないとわからないし、他人がどう思うかは自分がコントロールできるものではない。ただ、やってみないとわからないのでまずは自分がコントロールできる「まずはじめてみる」ことにシフトする。それがブログの記事を書くことだったり、誰かにフィードバックをもらうだったり。少しやってみて、この事業が人が求めているものではないとわかったらすぐに変えてみる。「とにかく、悩む前にはじめる」ことに自分の時間と頭脳を使えるようにする。 「最近〇〇から返事がないけど、何か悪いこと言ったかな」→そもそも返事がない理由なんてわからない(コントロール外)。自分ができることはただ一つ:自分から返事する。それで何らかの答えがわかるだろう。返事を待つより自分からアクションすることでこれ以上悩む必要はない。 「このままの収入で大丈夫か・・・」→収入は受け取る側と差し出す側がいるという事を忘れないで。自分でコントロールできるのは自分の価値と交渉力。相手があなたをどう評価するかの判断は自分に全く関係ない部分でたくさんの要素がある:会社の財力、会社なら同期・同僚の評価、フリーランスなら競合の評価、市場全体の需要、など。ただ、自分でできることもある。それがコントロール内のことだ。例えば、悩んでいる時間があれば情報収集してみる。業界の平均収入はいくらか。自分の個人的な能力を一旦切り離して考えて客観的に考えるのもよい。もっと他に平均収入が高い業界はあるか。成長性が高い業界のことをもっと知ってみる。次に考えたいのは自分の価値をどうあげていくか。例えば、市場に出回っていないスキルを蓄えてみる。市場に出回っているスキルはアクセスがはしやすいが、出回っていないものはアクセスするのは難しい。ただ、今の時代情報は探せば絶対ある。収入なんてサプライとデマンドの世界で成り立っているので、収入をアップしたい人は絶対的に「マス」という道を選ぶとそれから上げるのは難しいということを知っておいてほしい。また、これもマスの考え方に反するかもしれないが、「交渉」してみるという方法を考えた方はいるだろうか。交渉の方法についてはまた別の機会で紹介するが、交渉してみないと結果なんてわからない。交渉力をつけてみて、実践すること。 最後に。 この最後のステップ「他人とシェアする」効果は自分自身に対して気持ちがとても楽になるという副作用ももたらしている。もちろん、自分の話を共有してもらった相手もあなたのストーリーで少し気持ちが楽になっただろう。自分勝手な行動かもしれないけど、もしこれをもっとたくさんの人がリピートし、共有できたら悩み事は自分ごとでないことがわかるし自分のVulnerabilityをさらけ出す事で悩みが人生のJust another challengeと思えるのではないだろう。Every Ireneのモットーでもある”Progress Over Perfection”も同じ考え。完璧に物事が進む事を望むより少しずつでも前進することが大切。 もし今何か悩んでいることがあれば、是非このステップ1-5をトライしてみて欲しいです。他にみなさんが使っている方法があればコメントで共有してくださいね!

男性目線でキャリアについて考えてみない?

「男性目線」のキャリアの考え方とは。簡単に纏めるとこういうことなんだろう。 「出産」という選択肢がゼロ。一生働くことを前提で人生を生きること。家族の大黒柱でいることがあたりまえ。 「出産」というテーマは女性であると常に考えることだと思う。男性の人生における「出産」の存在は大きく欠けている。 女性は「産める可能性がある体」で生まれ、「絶対に産めない体」の男性とは根本的に違うところがある。女性は「出産」にまつわる考えられないほどの葛藤を10代前半から抱えている。結果、それが自分自身を苦しめてしまったりキャリアやパートナー選択にネガティブな影響を及ぼしていることは事実として否定できないだろう。 「出産できる体」でいるためにすべきこと。妊娠しないように、されないように自分の体を守る対策とコミットメント。出産できる体かもわからない不安の中で過ごす日々。仕事はどうなるのか。流産の可能性と孤立。30代後半・40代を迎え、タイムリミットが押し寄せてくる恐怖。今まで築いていたキャリアがストップ。再スタートへの不安。パートナーとの距離感と関係の維持。 「産める可能性がある体」ってものはなんと美しく、罪なものだ。 一つ提案させて欲しい。この提案はかなり劇的であるかもしれないが、とりあえずトライしてほしい。5分間、目を閉じてみて。 「私が最初から産めない体だったら」。 自分は「産める可能性がある体」であるため「避けて通れない人生の試練」を背負っているという考えが生まれてしまう。男性は「出産」に対してほとんどが「子供がいつかできたらいいな」「子供も出会う女性次第かな」という程度だろう。その感覚で考えてみるのはどうだろう。 結局、産めるか産むかはその時にならないとわからない。わからないことに対して悩む気持ちも十分わかる。しかし、その悩みが自分の生産性や自分への教育・キャリア投資、将来のビジョンを抑えてしまうともったいない。出産に関しては、絶対悩む時がくる。その時は十分に悩むべきであり、その時はパートナーも一緒に悩みを抱え女性にのしかかる負担を分散するべきだ。ただ、その日がくるまでは男性のように「できたらいいな」「出会う男性次第」と考えてみたら心が軽くなるはず。選択肢が自分の目の前で広がる感覚を体感して欲しい。まずは目を閉じてトライしてみて。 もう一つ。この考えを持った上で、「一生働く」という男性の間では当たり前のコンセプトを考えてみるのはどうだろう。一生働くということは、定年までずっと働くことを指しているのではなく、家族を養うための安定収入と貯蓄を自分自身が確保し、「いつかやめる前提」で仕事をしないという考え方だ。 「結婚したら仕事をやめる」「子供ができたら仕事をパートにする」という考え方を抹殺。 男性は仕事に対しこのような考え方を持っているだろうか。真逆だろう。キャリアアップを求め、定期的に給料比較をし、成長性が高い業界選択を行い、ネットワーク構築に育む。キャリアを分断し社会から永遠に身を消す考えは皆無(全くこんなことを考えず終身雇用の恩恵を受けてゆるく仕事する男性も多いだろうが)。男性目線のキャリアは自分の市場価値を常に意識しているライフスタイルだ。 「一生働く、稼ぐ」という意気込みがあれば仮に仕事をストップする必要があったとしても次に再開する意欲を維持できる。その理由は明確:それまでに自分への投資を行なってきたから。辞めてしまうと機会コストが発生する。教育、業界選択、給料交渉、ネットワーク構築に今まで頑張ってきた自分。そんな簡単に会社や事業を辞めれるだろうか。ライバルが男性であることを前提に働けば低い給料で仕事を再開することに対して疑問を抱くことは普通のことだ。自分なりの意見と反発力を保てるし、場合によっては不利な雇用条件もリジェクトする力を持てる。「仕事は辞める前提」の考え方からシフトアウトし、自分の価値を男性比較対象で考えてみては。 また、大黒柱が男性でいることが当たり前という考えに違和感がないか。日本では男性が家庭の大黒柱であることが普通である。家族を支えるのは男性、家庭を守るのは女性という暗黙の了解の構造だ。 この構造が正しいか正しくないかはここでは議論しない。ただ、男性目線でキャリアを考えた場合、この大黒柱プレッシャー(悪くいうと義務感、良くいうと責任感)は多くの既婚女性は感じていないだろう。「いつか誰かと結婚してその人の収入で生きていく」「パートナーの収入があったらなんとかいけるだろう」「離婚しても慰謝料で生きれる」「パートナーを立てるため自分は家にいておこう」この考えを一旦捨ててはどうか。 「自分自身を養う力を最初からつけてみる」という考えを持ってみると人生は楽しい。より自由に行動ができるし、金銭的な理由に縛られずにパートナー選択ができる。自由に好きな人を愛し、自分が一番満たされる形のリレーションシップを築ける。大黒柱という古い表現になるが、「自分しかいない」というプレッシャーが常に存在する崖っぷちの人生が人生の醍醐味なのではないか。 女性全てがこのマインドで教育を受け、新卒の会社を選び、その後のキャリアを積み、パートナー選択や出産の判断をしたら世界がどう変わるだろう。 もちろん、出産や女性に対する差別は男性目線にシフトしたところで無くなるものではない。ただ、女性目線だけでものごとを考える必要はないということを伝えたい。出産、大黒柱は夫という期待値を自分の重しにするのではなく、より自由な、自分がコントロールできる選択があるということを覚えておいてほしい。大黒柱になり自分や家族を支えるかという選択肢も結局自分自身が決めれるべき。最初からその選択肢を自分から奪わないで。 「男性目線」でキャリアを考えるということは、まずは「女性目線」の固定概念に自ら背を向けること。女性だからこうであるべきという考えを捨て、自分が決めた方向へ突っ走っていくということ。マインドを少しシフトするだけで絶対的に変わる。なぜなら、あなたは自分を変えることができる人間だから。

ハーバード卒業から10年経った今もしやり直せるのなら自分はこうする

学生時代は「いかに良い成績で卒業できるか」という考えで頭がいっぱいだった。自分は高校時代からいわゆる「超優等生」。成績はオールAで高校は首席で卒業。その自然の流れから大学に進学した後も同じ考えでいた。 「とりあえず、良い成績で卒業しないと。」 ハーバードでは評判が良い授業や著名教授の授業を中心に受けた。クラブ活動も普通程度に行っていた。最初の2年間はボート部でオリンピック選手になったチームメイトと一緒に特訓。手がボロボロになり、高校時代から体力系のクラブ活動中心の緊張感から解放されたいという気持ちもあり、2年後、辞めた。その後はボストンマラソンに参加したり、寮対抗のチームに所属して普通に過ごしていた。 今、大学を卒業してから10年以上経つ中、「超優等生」として過ごした学生時代はすごく自分っぽい過ごし方だったんだなと思う。宿題をタイムリーに提出し、期末テストのために朝6時から夕方5時まで図書館にこもった。テストがない時はチャールズ川付近でボートやランニングを楽しんだ。所謂”NERD”生活。 ただ、「もしやり直せるのであれば」ということが一つある:もっと世界にどういう“職業”があるのか積極的に自分で動いて体験してみるということ。 自営業の父と専業主婦の母のもとで育った。ぼんやりと自分はビジネスをしたいという考えだけはもっていた。経済学を専攻として選んだ理由は簡単で、ビジネス=”経済学”だろうというかなり単純な考えから。(余談になるが、実際、専攻してわかったことは経済学というものは物事を「判断」するツールの一つであることで、ビジネスパーソンには重要なシンキングツールだが具体的なビジネスノウハウを蓄えるツールではないということ。) 中国語もビジネスレベルまで勉強し、10週間北京へ短期留学に踏み切った理由も将来的に中国でビジネスをする可能性を広げるためだった。学生時代の私にはそこまでの視界はあったみたいだが、考え方は限定的で、ビジネス=経済学、ビジネス=中国。 あまりにもシンプルすぎるだろ、と今となって自分につっこみたい。 2007年、リーマンショック直前の就職活動だった。 その時代は投資銀行がまだ一番「かっこいい」職業だった。周りの友人も同じだった。投資銀行、資産運用、コンサル、大学院。これらがハーバード卒業後の選択肢だった。今のIT企業が昔の投資銀行みたいな感じだと思う。この頃はまだフェイスブックやIT会社に直接就職する学生は少なかった。日本だと商社、銀行、メーカー、広告代理店だろうか。 卒業生が大学に戻りリクルーティングチームの一員となって、カッコいい光沢のあるスーツやハイヒールを履きこなす姿に圧倒された。甘めのカクテルやグルメ料理に囲まれながら自分の中で描いていた「ビジネスパーソン」の象徴を目の前にし、自分の近い将来の姿を描いた。 業務がどういうものかという詳細はほとんど無視し、「かっこいい」「希少価値」だけを求めて企業説明会に出席していた。 私は結局投資銀行に新卒で入社した。それには一切の悔いもない。その理由はまた別の記事で説明する予定。 一方、学生時代にまた別の「世界」をみていたならどうなってただろう、とふと思うことはある。世界旅行に行けと言っているわけではない。 アーティストはどうやって生活しているのか。自分の知らないアンダーグラウンドの世界をのぞいてみる。スーツ族が属しない社会のエコシステムはどう機能しているのか。農家の1日の過ごし方を体験してみたり、移民・マイノリティの生活はいかなるものか。発展途上国の人々の暮らしはどう機能しているのか。ボランティアワークを積極的に行うのも良いが、大学の枠を超えたところでできればより自分にとって実りのある体験になると思う。 自分はボランティアもしていたし、インターンシップも行なった。でもそれは「優等生」のままの自分を捨てきれずだった。大学経由での勧誘に限定され、友達と一緒に決めたりした。自分の好奇心で動いたことはなかったのではないか。 大学での経験は社会人になった数年後に活きてくると思う。多様性を受け入れる広いマインド。物事を決める時に一つの軸だけに頼るのではなく、複数の視点で考えられる。大企業に就職したとしても、そのマイクロコズムだけで生きるかそうでないかは自分の世界の広がりが全く違う。キャリアチェンジ考えた時も、大学時代に見えた世界を思い出せるだろう。その時感じた衝撃と感覚にありがたみを感じると思う。 大学時代は優等生でいる必要はない。好奇心だけで過ごしてもいいんじゃないか。 大学生だと大抵の大人は耳を貸してくれる。「大人」になって今わかる。積極的に周りの大人、大学と全く関係無い大人たちにリーチアウトしてみることはどうだろう。その繋がりが大学を卒業しても自分を後押ししてくれるはず。 自分なりのレンズとイニシチアティブで世界を観てほしい。「優等生」「他人目線」主義である必要は全くない。学生時代は特別な時間だ。社会人になり自分の生活や家族を養うプレッシャーや、周りの期待値が重石になる前に自分で自分の世界を作っていける限定期間。 膨大な可能性とゆるぎない自由を感じて、次に進んで欲しいと思う。

every-irene

Stop Comparing, Start Creating

It is so easy to consume media these days. Everything is hyper-segmented, hyper-targeted, and it’s all too easy to literally get lost in your own online world. That is the advertising industry’s job afterall – to get your attention, click and go down their funnels. It’s no surprise that we live in a generation where our attention span is eight seconds.  Are you still with me here?  I think it’s dangerous yet I’ve been guilty of it too. Comparing myself to others.  One could argue that a degree of comparison is healthy. It could keep you motivated to continuously level-up your own game and to master your own craft. Leveraging […]

21才の私への手紙・ A Letter to My 21-Year Old Self

  Dear 21-Year Old Me,  Congratulations! You’ve made it so far, overcame a lot. You’ve struggled more than some, less than others. It’s important to acknowledge your milestones and enjoy this moment right now. It’s easy to get caught up with anxiety about the future. What job am I going to get? How am I going to repay my student loans? What now?  It seems like you have the whole world ahead of you and you do. It can be liberating and daunting at the same time. But don’t let that fear drive you. Now is your time to explore who you are, what you actually like to do, what […]

3 “Success-Mindset” Secrets By Skincare Startup Mask Moments’ CEO

 Mask Moments is a Venture Capital-backed skincare startup specializing in delivering the latest, high-quality Korean sheet masks for lower costs. “Overnight successes” are often lifelong journeys and Mask Moments is no different. From overcoming insecurities and plowing through depression, Sophia shares 3 success-mindset secrets she learned on her journey as CEO of Mask Moments. Kay Makishi: So when was your “aha” moment for Mask Moments? Sophia Hong: About six years ago, I moved to Asia for work and one of the first things I noticed is how everyone had AMAZING skin. I realized that a lot of it [good skin] was cultural and not just for “special occasions”. It was an everyday routine. People were […]